先頭文字/行/正規表現スタイルの処理を考える

正規表現スタイル

正規表現スタイル

 InDesignには、「段落スタイル」設定内の「ドロップキャップと先頭文字スタイル」から設定できる「先頭文字スタイル」および「行スタイル」、同じく「段落スタイル」設定内で使用できる「正規表現スタイル」といった便利な機能があります。これらは全て、段落スタイルの適用されている行内の文字のうち、設定した特定の条件に適合する文字に自動的に指定した文字スタイルを適用する機能です。例えば「先頭文字スタイル」であれば、文中の数字だけを自動的に斜体にする、「行スタイル」であれば1行目だけを太字にするといったような、通常長時間の反復処理が必要になる作業を段落スタイルの設定のみで処理できます。「正規表現スタイル」はさらに自由度が高く、正規表現を用いて適合する文字列を指定できます。例えば「A」「B」「C」だけを太字にする、いったような処理も簡単に行うことができます。ここでは正規表現そのものについては触れませんのでこちらをご参照ください。
 これら特殊スタイルはInDesign内では「段落スタイル」のみが適用されており、文字スタイルは「なし」になっているように見えるため、電子書籍制作時にきちんとした処理がされるのかどうかちょっと気になるところです。

 そこで、実際の電子書籍制作時の流れの中で、これら特殊スタイル類がどのように処理されるのか試してみました。

「スタイルをタグにマップ」で正常にタグが付加されないパターンがある

行スタイルのタグに問題が出る

行スタイルのタグに問題が出る

 最初に、私がこちらのブログ内で紹介しているあらかじめ各文字に段落スタイル・文字スタイルを適用しておき、「タグ」パレットの「スタイルをタグにマップ」でタグを付加してXML書き出しを行う方法をテストしました。

 まずはシンプルに「先頭文字スタイル」「行スタイル」「正規表現スタイル」を単体で適用してみます。「先頭文字スタイル」および「正規表現スタイル」についてはきちんとタグが付加されているようですが、「行スタイル」に関しては、最後の一文字に正常なタグ付加がされていないようです。

重ねがけで正常にタグが付加されない

重ねがけで正常にタグが付加されない

 次にこれら特殊スタイル類の重ねがけを試してみます。「行スタイル」を含んだ段落のタグが全て1文字ずつずれて適用されている他、「先頭文字スタイル」と「正規表現スタイル」との重ねがけに関しても、「先頭文字スタイル」のみがタグ付加され、「正規表現スタイル」の部分にはタグが付加されていません。これではちょっと危なくてタグの自動付加はできません
 なお、「行スタイル」の最後の1文字にタグが付加されないのは、バグの類ではないかと思われます。

IDMLには文字スタイルが書き出されない

XMDFビルダーに文字スタイルが取り込まれない

文字スタイルが取り込まれない

 次にIDML(InDesign Markup Language)形式でデータを書き出し、XMDFビルダーに取り込んでみます。これは緊デジのXMDF制作ガイドラインで想定されている制作方法です。

 どうやら、特殊文字スタイル類は完全に無視され、段落スタイルのみが取り込まれるようです。つまり、XMDFビルダー内で全ての文字スタイルを再割り当てすることになってしまいます。これはちょっと作業量的に避けたい流れです。

文字カラーを変更し、検索置換パレットを使用して文字スタイルを再適用する

 さて、結局どちらにしても文字スタイルの再適用は避けられそうにありませんので、出来るだけ楽をしてスタイル再適用の作業を行いたいところです。とりあえず以下のようなワークフローを考案してみました。なお、このワークフローを使用したことに伴うトラブルに関して、私として一切の責任は負いかねますので、こちらの作業を行う前には必ず元データをバックアップしておき、コピーしたデータで作業を行うことをおすすめします。

1 文字スタイルの「文字カラー」を変更する

文字スタイルの「文字カラー」を変更する

文字スタイルの「文字カラー」を変更する

 まず、先頭文字/先頭行/正規表現スタイル内で使用されている文字スタイルの「文字カラー」を変更します。多色刷りなどのデータの場合には、登録済みのスウォッチカラーがドキュメント内のいずれかの箇所に使われている可能性を考慮し、トラブルを避けるためにもスウォッチを新規作成して割り当てることをおすすめします。

2 先頭行スタイル内の先頭文字/正規表現スタイルを手動で処理

先頭行スタイル内の先頭文字/正規表現スタイルを手動で処理

先頭文字/正規表現スタイルを手動処理

 先頭行スタイルと先頭文字/正規表現スタイルが混在している場合は、まず先頭行スタイル内の先頭文字/正規表現スタイルに手動で通常の文字スタイルを再適用します。これは、3の検索置換処理で先頭行スタイル内の先頭文字/正規表現スタイルが検索にヒットしないためです。

3 パラメータを設定し、検索置換を実行

検索置換パラメータを設定

検索置換パラメータを設定

 検索置換パレットの「検索形式」に1で設定したカラーを、「置換形式」に1で文字カラーを変更した文字スタイルをそれぞれ指定し、ドキュメント全体に対して置換を実行します。全ての文字スタイルに関して同様の置換を実行します。

 これでとりあえず文字スタイルの再適用はできます。「行スタイル」内の先頭文字/正規表現スタイルを手動処理しなければならない問題はありますが、幸い「行スタイル」はそれほど頻繁に使用されているわけではないように思えますので、実作業的にそこまでの問題はないかと思います。
 また、「タグ」パレットの「スタイルをタグにマップ」でタグを付加する際のトラブルを防ぐため、文字スタイルの再適用を行った後に「スタイルをタグにマップ」を使用する場合には、全ての特殊スタイル類をあらかじめ削除しておいた方が良いでしょう。

 なお、「正規表現スタイル」の通常文字スタイルへの置換に関しましては、市川せうぞーさんが「正規表現スタイル由来の文字スタイルをリアル文字スタイルとして適用する」というエントリーで自動処理スクリプトを発表されておられますので、そちらを利用されるのも良いかと思います。

(2012.7.9)

市川せうぞーさんより、「正規表現スタイル」2つ以上を重ねがけしている場合でも「スタイルをタグにマップ」で正常にタグが付加されないとの情報をいただきました。例え「正規表現スタイル」だけしか使われていない場合でも、文字スタイルの再適用が必須になると考えておいた方がよさそうです。

(2012.7.9追記)

タグ: , , , , , ,

コメント / トラックバック 1 件

  1. Bert より:

    Thanks for writing such an eant-to-usdersyand article on this topic.

コメントをどうぞ

プロフィール
Jun Tajima

こちらにて、電子書籍&Web制作を担当しています。
このブログは、EPUB3をはじめとした電子書籍制作担当オペレータからの、「電子書籍の制作時にたとえばこんな問題が出てきていますよ」的な「現地レポート」です。少しでも早い段階で快適な電子書籍閲覧・制作環境が整うことを願って、現場からの声を発信していこうと目論んでおります。

当ブログ内の記事・資料は、私の所属しております組織の許諾を得て掲載していますが、内容は私個人の見解に基づくものであり、所属する組織の見解を代表するものではありません。また、本ブログの情報・ツールを利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、私および私の所属する組織は一切の責任を負いかねます。

最近のコメント