‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

OMUSUBI EPUBMAKER 2.0リリースです

2016/10/17

OMUSUBI EPUBMAKER

 以前に発表しました、フィックス型EPUB作成アプリ「OMUSUBI EPUBMAKER」の改訂作業がやっと終わりました。「OMUSUBI EPUBMAKER 2.0」です。今回の改訂の一番の目玉は、UI部分をAppleScript StudioベースからXojoベースで作り直した点ですので、機能的にはそこまで大きな変更はありませんが、いくつか以前からご要望をいただいていた点、実装が不十分だった点を修正しました。今回の改訂の機能的な追加ポイントは以下になります。

  • 論理目次項目の外部読み込みに対応
  • Finderのソート順通りに画像が並ばないケースがあった点の修正(自然順ソート対応)
  • 「ImageMagickでの画像変換を行わない」オプションの追加
  • ImageMagickインストール先フォルダ指定をウィンドウ内でパスの書き換えが可能な仕様に変更
  • デフォルトの画像サイズを長辺2000pxに変更
  • その他EPUBのメタデータを若干変更

 コミックなどで使われる、画像をまとめてEPUBのパッケージの形にした「フィックス型」EPUB作成用のアプリはコマンドラインツールとしては例えばWakuFactoryさん(お世話になってます!)の「mkepub 1.4」などがありましたし、GUIを備えたものとしてはVOYAGERさんの「Romancer」に固定型EPUBの作成機能もあったりしますので、既にそれなりに環境が整ってきてはいるのですが、オフライン環境で使えるGUIアプリの需要もまだないわけではないだろうと思いましたので、こちらをリリースすることとしました。

 ごく単純なEPUBパッケージアプリで、高度なことはなにも出来ませんが、気軽にフィックス型のEPUBを作りたいという要望には応えられると思っています。また、インタラクティブなEPUB作りのためのベース生成用としても使えると思います。ソフト名は、ごはんを握っておむすびを作るように、画像の束から手軽にEPUBを作れるアプリというようなところから付けました。もっとカジュアルに、それこそPDFの代わりくらいの感覚でEPUBを使ってほしいなという願いを込めております。

 こちらのアプリはフリーで提供させていただきますので、ご自由にお使いください。書誌情報内にメタ情報でクレジットが入りますが、それ以外の制限はありません。
 ただし、個人向けということでISBNやJP-eコードなどの出版社向けID情報の入力機能は外しています(出版社ごとに要件が異なるためカスタムにせざるを得ません)。

 ビジネス利用のために必要な場合などのカスタマイズは別途こちらの窓口からご依頼下さい。私の所属する組織で承らせていただきます。

使い方

column58_2このアプリは画像サイズの取得およびサイズ変換にフリーの画像操作・変換ソフト「ImageMagick」を使用します。こちらなどからMac用パッケージを取得し、あらかじめインストールをしておいて下さい。その後「OMUSUBI EPUBMAKER」を立ち上げ、「設定」タブを開いてインストールフォルダを指定します。デフォルトでは“/opt/ImageMagick/”にインストールされるはずで、この状態であれば設定の必要はありません。

1 変換元画像の準備

 任意のフォルダに素材として使う画像を準備しておきます。形式はjpgもしくはpng、カラーモデルはRGBにしてください(jpg/png形式以外の画像はパッケージ化されません)。Finder上で画像をリネームし、ページ順に並ぶようにしておきます。連番がラクだと思います。なお、1番目の画像を自動的にカバー画像として設定します。全画像の縦横のピクセル数を統一しておくのが望ましいです。

2 書誌情報の入力

column58_3 アプリを起動し、各種書誌情報を入力します。制作者名は3名まで対応しています。出版者名は任意入力です。「カナ(整列用)」には読みのカタカナを入力してください。

3 目次情報の入力

column58_4 目次が必要な場合は情報を入力します。なお、ここで言う目次はコンテンツ内にページとして表示される目次ではなく、ビューアのメニューから呼び出せる「論理目次」です。
 目次として項目設定したいページの変換元画像のファイル名を表の「設定する画像名(拡張子込み)」に拡張子込みで記入し、目次に表示したいテキストを「目次表示テキスト」に記入していけばOKです。項目を入力するには、「+」ボタンを押して行を増やし、順次項目を入力してください。「−」ボタンを押すと最後の1行が消去されます。

 今回のバージョンから、外部テキストからのデータ読み込みにも対応いたしました。設定画像名と目次表示テキストの間をタブで区切ったタブ区切りテキストを「読込」ボタンで指定することで情報を読み込むことができます。なお、読み込めるテキストの文字コードはBOMなしのUTF-8のみとなります。同梱する倫理目次指定用テキストのサンプルをご参照ください。
 目次を全く指定しなかった場合、「表紙」の項目だけが目次に入ります。

4 綴じ方向の選択

column58_5 「右綴じ」「左綴じ」のいずれかを選択してください。通常縦書き文書は右綴じ、横書き文書は左綴じです。EPUB3では綴じ方向の混在はできませんので、必ずいずれかを選んでください。デフォルトでは「右綴じ」が選択されています。

5 見開き/単ページの選択

column58_6 「見開き」「単ページ」のいずれかを選択してください。EPUB3にはページ配置の指定項目(page-spread)があり、これを各ページに指定することで見開きレイアウトが実現できます。単ページを指定した場合は画面中央に各ページが配置されます(rendition:page-spread-center)。ただし、iBooksなどまだ指定を反映しないビューアも数多くあります。Readium等ではページ指定が反映されて表示可能です。デフォルトでは「見開き」が選択されています。

6 元画像のフォルダを選択

column58_9 変換元画像のフォルダを選択し、指定します。

7 リサイズ画像サイズ/画質を指定

column58_7 このアプリは画像のサイズを自動的にリサイズし、パッケージ化しますが、リサイズの際の画像サイズ(長辺)を指定することもできます。変更が必要なら「設定」タブをクリックしてドロワーを展開し、数値入力を行ってください。数値の上限などはありませんが、iBookStoreなどEPUB内使用画像のサイズに制限を設けているストアもありますので、ケースに応じて適切な値を入力するようにしてください。2016年10月現在では、上限2000程度に止めておくのが無難です。
 同じく、JPEG圧縮時の画質も1〜100の間で指定できます。数字が大きいほど高画質ですが、その分ファイルサイズも大きくなります。デフォルトの画質は70です。
 PNG圧縮の画質は、減色をするかどうかを選択出来る他、減色時の色数を2〜256色で選択できます。デフォルトの色数は256色です。
 画像サイズ/画質はツールが前回の設定値を記憶します。また、「デフォルトに戻す」ボタンで既定値に戻すことができます。

column58_8 なお、「ImageMagickでの画像変換を行わない」オプションがチェックされていた場合には、画像のリサイズ処理を行わず、指定した画像をそのままパッケージ化します。Photoshopなど外部アプリでリサイズ処理した画像をそのままEPUB化したい場合にご利用ください。

8 EPUBパッケージの作成

column58_10 「作成」ボタンを押すと、EPUBパッケージが元画像のフォルダと同じ階層の「タイトル名」フォルダ内に作成されます。ファイル名は作成年月日/時刻+「.epub」です。

ダウンロードはこちら
>>OMUSUBI EPUBMAKER
Mac OS X 10.9/10.11にて動作確認済みです

※10.7以降で搭載されたセキュリティ機能「GateKeeper」により、アプリを実行出来ない場合があります。その場合はこちらのページの「未確認の開発元からのAppを開き、そのAppをGatekeeperの監視の対象外にする方法」を参考に設定を変更することで起動できます。

ImageMagickはこちらより入手できます。

 

 「homebrewでImageMagickをインストールしている場合にインストーラパスの設定ができない」というお話をいただきましたので、設定用簡易マニュアルを作りました。なお、2.0からGUIの画面内でもパスの打ち換えが可能になっています。マニュアル改訂が追いつかないのでそのうち改訂します。すいません。

「OMUSUBI EPUBMAKER」homebrewでのImageMagickパスの通し方 (1095)

 とりあえず、以前に私が作成した資料をEPUB化してみました。以下の画像をクリックするとブラウザ内でご覧いただけます。

InDesignデータ→電子書籍で字形の変化する文字

 フルサイズでご覧になりたい場合は「open in New window」をクリックしてください。

 これはKitaitiMakotoさんの作られた「BiB/i’d」を利用したものです。「BiB/i’d」はウェブデザイナー松島智さんが作成したブラウザ内で動作するEPUBリーダ「BiB/i」を手軽にブログ内などで利用するためのサービスです。古いブラウザ環境などで見られない場合は、最新版のChrome/Safari/Operaでご覧いただければ幸いです。
 もともとA4サイズの資料でしたので少し文字が細かくて読みにくいですが、そこはご容赦ください。

 なお、こちらのアプリを利用したことによる損害等につきまして私として責任は負いかねますので、あくまで自己責任にてご利用ください。

(2016.10.18)

Kindleでの見開き位置指定が正しく記述されない問題などを修正したバージョン2.0.2をリリースしました。その他のアップデート内容は同梱のReadme.txtをご覧下さい。

(2017.1.27追記)

「自然順ソート」あれこれ

2016/09/20

 最近ちょっとしたツールを作っていて、スクリプト内で「Finderの表示順にファイルをソート(整列)させたい」という要件がありまして、なかなかに手こずったので今後のために備忘録としてまとめておきます。

Finderでのソート順って?

 まず、Finderでのソート順って何かっていいますと、

ファイル1,ファイル2,ファイル3…ファイル10,ファイル11,ファイル12

 となるようなソート方法のことです。文字列の後に数字が来るような場合でも数値順にソートさせたい。
 perlなどで普通に文字列順にソートさせても数値でソートさせても

ファイル1,ファイル10,ファイル11,ファイル12,ファイル2,ファイル3…

 となってしまい、思ったような処理ができません。

 Finderでのソート順については、降りてきた天の声によると

 とのことらしく。ありがとうございます@ogwataさん。

 なお、どうやらJIS X 4061 照合順番で定義されてるようなソート方法を「自然順ソート」と言うらしいのですが、PerlだとSort::Naturallyあたりのモジュールを利用すればできる模様(参考)。ただ今回は配布ツールでの使用を考えているので、CPANからモジュールを入れる的な話はできれば避けたく、いろいろと違う方向性を模索していたわけです。

Xojo内でCocoaのライブラリを呼び出してソート

 フロントエンドのツールはXojoなので、Xojo内でできればなと思って、過去にQiitaにされていたアップされていたこちらの神エントリをもとにどうにかソートできるようにしたのが以下。さすがです@monokanoさん。

 Xojo内でモジュール化しておいて元の配列を投げ、ソート後の配列を得る、みたいな使い方です。今回の目的としてはFinderのソート順の再現なので、Finderと同じエンジンを使うこちらが一番目的に叶いそうです。ただもちろんCocoaのライブラリを呼び出している以上Mac専用にはなります。

Applescriptでの自然順ソート

 AppleScriptでもできそうかなということでこちらの投稿をもとに作ってみたのが以下。

 他の処理系に投げるので一回文字列に結合して引数として投げ、ソートした後に再結合した文字列を得ます。でそれをまた分解して配列に。
 AppleScriptはテキストアイテムデリミタでの文字列の分解結合処理がいつもながらややこしいのですが、そのあたりはまあご愛敬ということで。こちらもAppleScriptを使う以上Mac専用です。まあそのうちAppleScriptで自然順ソートさせなきゃならないケースも出てくるかも知れないし。

PHPのnatsort関数でソート

 PHPには自然順ソートができるnatsortという関数がデフォルトで入っているとのことなのでやってみたのが以下。

 一番簡単かも。Mac環境に依存しないのでそういう意味での使い出もありそうです。

 3種類の自然順ソートを収録したXojoのファイルをこちら (323)に置いておきます。

 で、ブログにまとめてたら最後になんかPerlでモジュールを使わずにできそうなサンプルを発見してしまった。最初に出てきて欲しかった(汗)。

(2016.9.20)

追加情報メモ。
・ApplescriptならFinderにtellしてsort by nameで並べ替えちゃうのが手っ取り早いと。ただし処理は遅いから大量のファイル処理には向かないとのこと。
・OS Xでもバージョンによって微妙にソート結果が変わったりするらしい。なので確実にFinderのソート順通りのソート結果が欲しければApplescript上からFinderを呼び出して値を取得するか、Cocoaのライブラリを呼び出してソートさせるかするしかない。
・対象がファイル名ならPerl内からosascriptでApplescript呼んでFinderに聞くのが手っ取り早いんじゃないのと言われたのでちょい試しました。以下コードをメモ。

行けますね。楽でいいかも。

EpubCheckでID名がエラーになる問題

2016/08/03

 先日、弊社で作ったEPUBファイルが電子取次さんのチェックに引っかかって修正で戻ってきたという件がありました。EpubCheck※1のエラーとのことなのですが、弊社でのチェッカーのログはエラーになっていない。どうもEpubCheck3.0.1ではエラーとなっていたものがEpubCheck4.0.1でエラーにならなくなり、チェックに引っかからなかったということのようです。ちょっと困った事態なので突っ込んで調べてみました。

XHTMLのID名のエラー

 エラー内容は「value of attribute "id" is invalid; must be an XML name without colons」とのことだったので、まずは該当箇所を見てみます。ID名が「id="toc-001*"」のような形となっており、なるほどこれはエラーになるわけだと一旦は思いました。XMLではID名に「*」の記号を使うことを許容していないからです※2。ということでまずはEpubCheckの各バージョンでこの状態のEPUBでエラーになるかを見てみます。

 EpubCheck3.0.1だと
EpubCheck3.0.1でのチェック結果

 なるほどエラーとなるようです。

 EpubCheck4.0.1だと
EpubCheck4.0.1でのチェック結果

 エラーになりません。なるほど。

 では、ちょっとID名を変えて見てみます。「id="toc-あ001"」と、ひらがなの「あ」を入れてみました。この状態でEpubCheckをかけますと

 EpubCheck3.0.1で
EpubCheck3.0.1でのチェック結果

 おや、エラーになりませんね。

 同じくEpubCheck4.0.1だと
EpubCheck4.0.1でのチェック結果

 こちらもエラーにならないようです。

HTML5ではID名に何を使ってもよい

 困った話だなと思ったのですが、さらに調べるとどうもHTML5では途中にスペースが入らない限りID名に何を使ってもよいとの話もあるようで※3、これに従うと挙動としては実はEpubCheck3.0.1でエラーになるのが間違いだったということになるのでしょうか。
 ただ、EPUB3を内部的にXMLなどに変換して表示しているビューアも存在しますので、XMLのID名使用可能文字の制限に従っておくのが無難なのは間違いないと思います。ということでどうやらこの件ではEpubCheckを当てにできませんので、独自にPerlでチェッカーを作ってみました。

 こんな感じでしょうか。一応これでチェックは可能となりました。ターミナルで引数にEPUBファイルを指定してやることでログファイルを出力します。環境によってはArchive::Extractモジュールのインストールは必要かもしれません。

 EpubCheckはIDPFが配布している公式なEPUBの構造チェッカーですので、まずはこれを通るデータであることが市場流通させられるEPUBの最低条件であることは言うまでもありませんが、各パラメータチェックの細かな部分を見ていくと、必ずしもEpubCheckだけで十分というわけでもないようです。現場サイドでの対応も必要といったところでしょうか。

*1 IDPFの提供している公式なEPUBデータチェック用バリデータ。これでエラーとならないことが市場に流通させられるEPUBの最低条件。

*2 半角の英数字および「.」「:」「_」「-」のみ使用できる

*3 参考:https://www.marguerite.jp/Nihongo/WWW/RefHTML/Attrs/id.html

追記:XML関係の有識者の方にコメントいただきまして、どうやら規格としてはHTML5およびそれを内包しているEPUB3ではID名にはどんな文字を使ってもよい、ということで確定のようです。ただ、実際には古いXML規格で回っているシステムは多数あるかと思いますので、ID名にひらがなや漢字、旧規格で認可されていた以外の記号類を混ぜるようなことはしない方が無難だろうとは思います。規格と実装はまた別です。

(2016.8.3)

プロフィール
Jun Tajima

こちらにて、電子書籍&Web制作を担当しています。
このブログは、EPUB3をはじめとした電子書籍制作担当オペレータからの、「電子書籍の制作時にたとえばこんな問題が出てきていますよ」的な「現地レポート」です。少しでも早い段階で快適な電子書籍閲覧・制作環境が整うことを願って、現場からの声を発信していこうと目論んでおります。

当ブログ内の記事・資料は、私の所属しております組織の許諾を得て掲載していますが、内容は私個人の見解に基づくものであり、所属する組織の見解を代表するものではありません。また、本ブログの情報・ツールを利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、私および私の所属する組織は一切の責任を負いかねます。